宇宙からの贈り物。願いは必ず実現する!

アメリカ永住権当選DV-2018

送り続けたグリーンカードのロト。アラフィフで当選!

【スポンサーリンク】

アメリカ移民ビザの申請書 DS-260の質問事項は?

アメリカ永住権の抽選に当たりまして、そのまま放置状態になっています。


みんな、急がないとだめでしょ!って思っているみたいですが、チッチッチッ。

 

このビザ申請は特別なので、

申請順に面接が回ってくるわけではありません。


当選者全員に振り分けられているケースナンバーという番号の順に面接などが行われます。


そのため、

番号が結構大きい数字だと、

最悪、申請しても自分の順番が回ってくる前に

永住ビザが50000人に発給されてしまう可能性もあります。


せっかく当選しても無効となってしまうことがあるらしいのです。きつー。。。


数年前に、自分の番号まで回ってこなかったため、カットオフされた知り合いがいます。

 


まあ、それは仕方ないじゃん!

とりあえず早く申請したら?


と思われるかもしれませんが

ここで、厄介なことがあるんです。


移民申請をしてしまったあと、

順番が回ってこなかった場合、

移民の意思があるということが、

データとして残ります。


次回、ノービザ(ESTA)を申請するときに、あれ?あなた移民の意思ありますよね?


てな、ことで、ESTAが発行されない場合があるという噂があります。


 

なので、ここは慎重に移民申請の時期を見極めたい。

ということで、今は保留にしています。


ただ、ほぼ、申請書は埋めたので、

申請書の中身をお見せしましょう。

 

DS260の質問内容


申請者の名前

今までに使ったことのある名前(旧姓とか)

性別

現在結婚してるか、離婚してるか、独身かなど。

生年月日

出生地

出生国

国籍

ドキュメントタイプ(パスポートなど)

ドキュメントナンバー(パスポートナンバー)

ドキュメントが発給された国

発給日

有効期限

他に持っている国籍があるか

現住所

いつから住んでいるか

16歳以降今までに住んだことのある住所と期間。(これ、引越しが多くて、さらにアラフィフなので、16歳から書くのは至難の業でした。)

 

次は家族の情報です。

父親の名前

生年月日

出生地

出生国

生存してるかどうか

亡くなった日

母の名前

これ以下は父の部分と同じ質問

生きている場合は現住所

 

以前の配偶者はいるか

名前、生年月日、いつ離婚したか。離婚した国

 

子供はいるか

何人いるか

生年月日

出生地

出生国

同居しているか

していない場合の現住所

この子供は一緒にアメリカに移住するか。

この子供は後にアメリカに移住するか。

 

次は職歴・学歴・トレーニングなどの情報

これも過去10年の職歴とやらですが、殆ど自営業なので、どのように書けばよいかわからず、迷いました。また、学歴も短大卒なので、中途半端でどのように書けば良いのか。。よく知ってる方に質問してなるほど!と、なんとか、埋めることができました。

海外に住んでたころに通ったコミュニティカレッジも修了してないけど、書かないと嘘になるという、非常にわかりにくい申請書。

 

日本などまだ、書きやすいほうなんでしょうね。

 

抽選にあたったかどうか、確認するページには、抽選番号と、生年月日を入力するんですが、英語のサイトで質問しているアフリカの方、曰く

 

誕生日がわからないのですが、どうしたらいいでしょうか。

 

いやいや、申請のときに誕生日入力してるはず。

なぞの質問多発中。アフリカ大陸からの当選者もかなり多い。

 

そして、ロシア、イランの当選者がもっとも多かったそうです。

 

まだまだ、申請書の質問事項は続きますが、本日はここまでで。

また、次回。お楽しみに。(別に楽しくないですけどね)

 

【スポンサーリンク】