宇宙からの贈り物。 願いは必ず実現する アメリカ移住までのお話。

アメリカ永住権当選DV-2018

送り続けたグリーンカードのロト。アラフィフで当選!

【スポンサーリンク】

アメリカで初めてのお仕事 英語→日本語翻訳

アメリカへ来てからすぐ、

ひどい風邪をひきまして、

1週間、引きこもり。

 

 

滞在先の親戚には初っ端から

本当にお世話になりっぱなしで、

感謝感謝です❤️

 

 

引きこもりつつも

日本を発つ前に頂いた翻訳のお仕事を

地道に仕上げていました。

 

そして

日本からは

タロットやルノルマンカード の占い依頼がオンラインで入っておりました。

 

部屋に引きこもっていても、海外にいても

オンラインで仕事ができるって最高ですね。

 

良い時代です😊

 

究極は不労所得とかベーシックインカムがあると嬉しいんですが😆

 

 

まあ、

楽しみながらできるなら、

インターネットがつながるなら、

どこに住んでいても出来る仕事を身につけておきたいところです。

 

初めての翻訳

私はなぜかいつも

ぶっつけ本番のような仕事をする機会に恵まれます。

なんとか、手探りでやり遂げますが、

この手探りが、結構エネルギー使います。

 

寝る暇も惜しんで、とは正にこの事か!というくらい、集中します。

 

中には、結構勉強に時間費やして、

既に十分な準備ができているにもかかわらず、

何故か、

まだ自分には無理だ、と、

なかなか一歩を踏み出さない、

所謂、プロとしてやらない人が多いように思います。

 

私はその逆?

 

まあ全く出来ない分野は流石に手は出しませんけどね。

 

今回の翻訳のお仕事もそんなやり方で受けた仕事。

そんなに量も多くはなかったので

すぐに仕上がるだろうと思っていたのですが、そうは問屋が下ろしません。

 

英語から直訳すると、

日本語で意味が通らないような文言がいっぱい。

 

結局、

英文の意味を読み取り、

日本では、こんな時、

どんな表現をするかを確認し、

かなり日本人向けに文章を変える作業に追われました。

 

自信がなかったので、翻訳についての指南書を探しました。

 

とりあえず読んでみた本は

以下の2冊です。

 

 

翻訳スキルハンドブック (アルクはたらく×英語)

翻訳スキルハンドブック (アルクはたらく×英語)

 
翻訳地獄へようこそ

翻訳地獄へようこそ

 

 

 

翻訳は

ただ日本語に訳すだけでは無い。


これを基本に、様々な例文を参照しながら

実戦で学び成長していくしか無いと思いました。


あと、翻訳の依頼を受ける時、

どのように訳していくのか、

予め詳細を打ち合わせするとスムーズですね。


今回は

この仕事を紹介してくれた人を間に挟んでいるので、最初の段階で指示が少なく

後々

何度かやり取りしなければならなかったので

結果的に時給換算すると安くなってしまいました。


次回が翻訳の仕事が、もしあれば、

そこはクリアしていきたいと思います。


では、また。


 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】