宇宙からの贈り物。 願いは必ず実現する アメリカ移住までのお話。

アメリカ永住権当選DV-2018

送り続けたグリーンカードのロト。アラフィフで当選!

【スポンサーリンク】

[2019最新版]国際運転免許証の取得 即日発行OK

とうとう、

アメリカへ行く日を決めたので

国際運転免許証を取ってきました。


前回は神戸で国際免許を取得。


今回は東京に引っ越しましたので、

改めて取得場所と手順をメモがわりに書いておこうと思います。


東京都で国際免許の発給窓口は8カ所あります。


私は神田運転免許更新センターが1番近かったので、こちらを利用しました。


東京で国際免許を取るなら他にもこちらがあります。

f:id:Hawaiianlily:20191029130210j:plain



国際免許取得に必要なもの

●日本の運転免許証

●パスポート

●写真(タテ5センチ×ヨコ4センチ)

 現地で撮影できます。

●あれば、以前に取得した国際免許証

●申請代金 2350円



神田運転免許更新センターは

大手町にあります。


駅から徒歩約5分。


神田橋の高速乗り口のすぐ近くにあります。

f:id:Hawaiianlily:20191029131122j:plain

文字が切れてしまいましたがココ。


平日の午後3時ころに到着しました。

国際免許取得は

ビルを入ってエレベーターで3階へ上がります。


とても空いていました。


入り口を入って正面の窓口で

言われるがまま

パスポートと日本の運転免許証を出します。


すぐに私の免許証がコピーされた申請用紙をもらえるので必要事項を記入します。


記入した用紙を持っていき窓口②でお金を払います。


2350円也。


写真を撮って来なかったので、室内に設置されている証明写真機で撮影しました。


800円也。


写真は切り取らなくてOK。

窓口で切り取っていただきました。


申請用紙とパスポートと日本の運転免許証、を提出します。


それと同時に

前回、神戸で取得した古い国際免許証を返納しました。


5分ほど待つと名前を呼ばれて

国際免許証を受け取ります。


住所や名前など間違いがないかを確認して終了。

これで、1年間有効の国際運転免許証を取得することができました。





受け取った後は

写真の下にサインをお忘れなく。


アメリカに無事入国できるかが正念場。



DVプログラムでのグリーンカード取得の人は準備に時間がかかることが多いので、

1年以内に移住してね。と皆さん言われるとの事。


私は、面接が終わってから初めてアメリカへ入国した時に

移住時期については

なーんにも聞かれなかったので

わかりません。


厳しく言われた人は6ヶ月以内だとか。


アメリカ大使館のHPには

国外に1年以上2年未満滞在するときは

再入国許可証を取得するように書かれています。

1年以上じゃないので、

取得する必要無いと解釈。



国外にいたのが

一年未満なので

まあ、大丈夫だと思います。


万が一根掘り葉掘り聞かれた時のために、

理由を英語で書いていこうと思います。


焦って英語がしどろもどろになってしまうと

飛行機の乗り換えに間に合わない可能性がありますので。

今回もドキドキの入国になりそうです。


では、アメリカに無事入国できることを祈りつつ、

また、記事更新しますね。









【スポンサーリンク】