宇宙からの贈り物。 願いは必ず実現する アメリカ移住をまで

アメリカ永住権当選DV-2018

送り続けたグリーンカードのロト。アラフィフで当選!

[グリーンカード面接の為の書類]母校へ 英文の卒業証明書取得

アメリカ永住権抽選 DV-2019のエントリー真っ只中ですね。

もう、エントリーは済まされましたか?


私は皆さんより一足お先に、

当選出来たので

現在少しずつ書類を集め始めています。


先日、母校へ英文の卒業証明書を申請してきました。

キリスト教系の学校で、

昔から外国人の先生も多く海外留学にも力を入れているためか

さらっと、簡単に申請ができるのが、有難いです。


ちなみに当時担任だった先生は今、校長に、なってて、出てきてくださいました。


懐かしいなー。


ところで、

グリーンカードの抽選に当たったら、

DS-260という外国人登録と移民申請にあたるフォームを記入し、

オンラインで提出します。


これは、あまり、早くにしない方がいいと言われます。

理由は、何度か書いていますが、

当選時にもらった、ケースナンバー順に面接は行われます。

万が一自分のケースナンバーの順番が回ってくる前に、

その年のDVプログラムの

グリーンカード発給数に達すると

それ以降の番号は

カットオフになります。

つまり、せっかく当選しても、

面接を受けることもできず、

あえなく、当選は無かったことに。。。


で、DS-260を早く提出したとしても、面接の日はケースナンバー順。

万が一、自分の番号までにカットオフとなった場合、

移民の意思を表した事実は移民局に残ります。


いざ、アメリカへ入国するためにESTA申請しようとしたら、

あれ?あなた、移民の意思があるようですが、

何のためのアメリカ入国?


と、旅行へ行くことも拒否される可能性があるという話です。


この10月から順次DV-2018当選者の面接が始まりました。

この進行具合は、

Visa Bulletin で見ることができます。

https://travel.state.gov/content/visas/en/law-and-policy/bulletin/2018/visa-bulletin-for-october-2017.html


アジア圏は今月1200番台まで面接されるようです。

私は多分年が明けてからでしょう。


近年トランプ大統領の発言に移民は右往左往させられているようですが、

スムーズに面接が進んで欲しいものです。